無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

固定金利ローンの種類と概要

ローンの金利には、固定金利と変動金利がありますが、今回は固定金利について詳しく解説していくことにしましょう。固定金利は、更に長期固定金利型と短気固定金利型に分かれており、それぞれメリット、デメリットが存在します。まず長期固定金利型についてですが、こちらは完済まで金利の変動が無く、景気の動向などに左右されないタイプのものです。一方、短期固定金利型は、ローンを組んでから15年から20年間は同じ金利で支払いをすることになり、その後から変動金利に切り替わるという内容となっています。どちらかというと、長期固定金利型よりも短期固定金利型の方が金利が低く設定されていますが、景気の変動により高い金利となることがあるため、先々のライフプランについて把握しながら利用しなければならないでしょう。そうなると、長期固定金利型の方が返済計画が立てやすく、安心して利用できるイメージがありますが、金利の見直しが一切できないため、長い目で見ると損をすることがあるといえます。短期の場合は、年単位で金利の見直しが行われるわけですが、後に見直しをすることができますので、返済計画が立てづらいという側面があることを忘れてはいけません。一長一短がありますから、時間を掛けながら返済計画を立てるようにしましょう。

メニュー