無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

ブラックリストとは

ブラックのクレジットカードといえば、富裕層などの選ばれた人しか持つことができないクレジットカードですが、その一方でブラックリストというものが存在します。これはブラックカードとは全く意味が違い、支払いが滞ったり債務整理や自己破産などで個人の信用情報に傷が付いてしまった人達のことを指しているのです。実際にブラックリストなどは存在しないという人もいますが、破産宣告した人達の氏名が記載されている官報は、ある意味ブラックリストのようなものなのかもしれません。返済トラブルを引き起こしてしまった場合、まず新規で融資を受けることができなくなります。これは、どのクレジットカード会社で審査を受けても変わらないのです。審査がかなり緩い会社であれば、稀に審査に通過することがありますが、例外なく金利が高く返済が困難になるケースがほとんどだといえるでしょう。なぜ、このようなことが起こるのかというと、クレジットカード業界では、情報信用機関に個人の借入状況や利用履歴を照会し、融資しても問題がないか確認しているため、他の金融機関にもすぐに状況が知られてしまうようになっているのです。このような仕組みがあるため、信用機関が提供している個人情報に問題点が見つかった場合は、融資を受けることができない仕組みとなっています。ブラックとなってしまった場合は、約5年は情報が残ることから、融資を受けることができませんし、破産宣告した場合はこれよりも長く、7年から10年となっています。

メニュー