無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

ブラックカードの利点

アメリカでは、1999年からアメリカンエクスプレスがブラックカードを発行していましたが、日本では2002年になって初めてブラックカードが国内で登場しました。その後、マスター、ダイナーズでもブラックカードを発行し始めましたが、年会費が高いことから1年間に1,000万円以上カードを利用している人にしか、持つことができない等の規則が設けられています。ちなみに年会費については、アメリカンエキスプレスで年間30万円となっていますが、特別高い会費というわけではありません。アメリカでは、より高い年会費が必要となるブラックカードがありますので、年間30万円は相場といったところでしょう。ちなみに、ブラックカードで購入できるものは、非常に多岐に亘ります。一般人は利用する機会がない、小型ジェット機レンタル、飛行機チケット、コンサートチケットの要求なども可能です。どんなに混み合っていても、ブラックカードさえあれば、有名レストランを好きなときに抑えることができるというメリットもあるでしょう。ようするに、ブラックカードは夢のようなカードなのです。ちなみに、家や車を買うこともできますので、一般人の消費感覚とは全く違う人達が持ち歩いているということになるでしょう。このように、クレジットカードを持っているというだけで、ステイタスを感じる時代は終わっていると思いきや、未だにブラックカードだけは有名人などが成功の証として持ち歩いているのです。

メニュー